Blog

ブログ

【指導対象生徒別】指導料が安い家庭教師3選はどこ?

2022.1.28 【指導対象生徒別】指導料が安い家庭教師3選はどこ?

教育に費用はかかるものですが、中でも「家庭教師は、料金がすごく高くなる」というイメージもあるのではないでしょうか。

今回の記事では当「家庭教師の窓口」がご紹介する家庭教師センター6社について、60分あたりの指導料がどのくらいかかるのかをまとめて掲載いたします。

その中から指導対象の生徒(学年)ごとに「対面での指導料が安い家庭教師3選」をまとめたのでお伝えいたします。

家庭教師をつけたいけれど、指導料が気になる・・・という方の参考になる記事で、きっとお役に立てると思います。

※オンライン指導に対応した家庭教師の料金を比較した記事はこちらです。
関連記事:「【最安値が1番?】オンライン指導に対応している家庭教師3選の料金を比較

家庭教師全6社の指導料一覧

まずは家庭教師センターの指導料を、各社HPから転載します。

紹介している家庭教師は以下の6社です。

  • 家庭教師のアルファ
  • 家庭教師の銀河
  • 桜プロデュース
  • 家庭教師のGood
  • 家庭教師のファミリア
  • Growth家庭教師
    (順不同)

これらの6社の指導料は、以下の通りとなります。
※なお、特に記載がない限り「いずれも指導時間 60分/1ヶ月」の料金表示となります。

 

<家庭教師のアルファ>

  • 幼児  9,900円
  • 小学生(中学受験コース) 11,440円
  • 中学生(中高一貫コース) 11,440円
  • 高校生 13,640円

・プロ家庭教師のみを派遣

 

<家庭教師の銀河>

  • 小学生 10,800円
  • 中学生 10,800円
  • 高校生 10,800円

・4週間として計算
・兄弟同時指導2人目無料特典ほか、割引プランあり

 

<桜プロデュース>

  • 小学生 18,000円
  • 中学生 20,000円

・プロ家庭教師のみを派遣

 

<家庭教師のGood>

  • 小学生 7,200円
  • 中学生 7,200円
  • 高校生 8,000円

・4週間として計算
・ペアレッスン2人同時割引ほか、各割引プランあり

<家庭教師のファミリア>

  • 小学生 10,000円
  • 中学生 10,000円
  • 高校生 10,000円

・4週間として計算
・入会金半額キャンペーンあり

 

<Growth家庭教師>

【アルバイト講師】

  • 幼児  8,500円
  • 小学生 8,500円
  • 中学生 16,000円

【選任講師】

  • 幼児      12,000円
  • 小学1〜3年生 12,000円
  • 小学4〜6年生 20,000円
  • 中学生     26,000円

・ダブル担任制(講師とサポートスタッフの2人体制)

 

家庭教師の費用について

上記の金額はあくまでも「60分の指導料金」のみを表示したものです。

家庭教師を頼むとなると、指導料金以外に費用がかかる場合もあります。

代表的なものは以下の通り。

  • 入会金
  • 管理費(月管理費)
  • 教材費
  • 交通費

こうした費用が指導料にプラスされ、最終的な月々の費用が決定します。

ただし、家庭教師センターによっては上記の費用が必要ないところもあります。
また時々行われるキャンペーンなどで費用が安くなるタイミングもあります。

詳しくは当サイトへお問い合わせください。

 

【幼児〜高校生】60分あたりの月額指導料が安い家庭教師について

上記の金額をもとに、「60分あたりの月額指導料」が安い順番に3社ご紹介します。

指導対象が幼児〜高校生まで幅広いので、それぞれに分けてお伝えしていきます。

 

1、幼児の指導料が安い家庭教師

①Growth家庭教師(アルバイト講師)
【 8,500円 】

②家庭教師のアルファ
【 9,900円 】

③Growth家庭教師(選任講師)
【 12,000円 】

幼児を指導してくれる家庭教師は少なく、上記の2社のみとなっています。

Growth家庭教師ではアルバイト講師と選任講師を選ぶことができるので、それぞれにランクインとなりました。

 

2、小学生の指導料が安い家庭教師

①家庭教師のGood
【 7,200円 】

②Growth家庭教師(アルバイト講師)
【 8,500円 】

③家庭教師のファミリア
【 10,000円 】

小学生向けの指導では、家庭教師のGoodが1番となりました。
Goodは15分を1コマとしてプランを組み立てられますので、指導時間を細かく調整できるのも良いですね。

 

3、中学生の指導料が安い家庭教師

①家庭教師のGood
【 7,200円 】

②家庭教師のファミリア
【 10,000円 】

③家庭教師の銀河
【 10,800円 】

中学生の部でも家庭教師のGoodは1番安い結果になりました。
小学生も中学生も指導料は同じ金額となっています。

 

4、高校生の指導料が安い家庭教師

①家庭教師のGood
【 8,000円 】

②家庭教師のファミリア
【 10,000円 】

③家庭教師の銀河
【 10,800円 】

高校生の指導については、「桜プロデュース」「Growth家庭教師」の2社は対応しておらず、残り4社から選んでいます。

やはりここでも家庭教師のGoodは強いですね。
指導料の面ででかなり頼りになる家庭教師だと思います。

授業を受ける女の子と教える家庭教師

指導料の安さで選ぶなら「家庭教師のGood」がおすすめ

この記事では当サイトから紹介している家庭教師センター6社について、「60分あたりの月額指導料」に着目して価格を比べてみました。

その中でも家庭教師のGoodは、小学校〜高校生までを対象にして1番安い家庭教師ということになりました。

幼児に関してはGrowth家庭教師(アルバイト講師)が最安値となっています。
(家庭教師のGoodは指導対象外)

ただしこの結果はあくまでも指導料のみ。
指導料以外にも必要な費用があるのは途中で触れた通りです。
例えば家庭教師のGoodなら、入会時に登録料や預り金、テキスト代などが別途必要になるのに対し、Growth家庭教師だと入会時の費用はテキスト代のみ(希望者のみ購入)などの違いがあります。

また、講師がプロなのかアルバイトなのかといった違いや、各社が用意している割引プランを使った場合の違いもありますね。

そして何より大事なのは、
「そもそも講師と生徒の相性が良いか?」
ということです。
これが成績に大きく影響してきますから、価格面は1つの参考にしていただき、しっかりとお子様に合った家庭教師を選んでいただければと思います。

家庭教師の選び方や疑問、不安などのご相談は当サイトへお尋ねください。

月間アーカイブ

相談は何度でも無料です!

ご相談は無料ですので、学習のお悩み相談だけでもお気軽にお問い合わせください。
不明な点など、私たちがしっかりとサポートいたします。

0120-575-888