Blog

ブログ

【近い目線で指導】アルバイト家庭教師のメリットは子どもとの距離感!

2022.2.25 【近い目線で指導】アルバイト家庭教師のメリットは子どもとの距離感!

家庭教師というと教師一筋の社会人のイメージもありますが、実際はアルバイトでお仕事をしている家庭教師もいます。

一般的に「アルバイト家庭教師」「学生講師」などと言われます。

アルバイトに対して「プロ(専業)」の家庭教師があるのですが、両者には違いがあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

大きな違いはもちろん価格面。
プロとアルバイトで同じ値段ならみんなプロに頼みますよね。

そこでこの記事では、「価格面以外で」アルバイト家庭教師のメリットやデメリットについて解説していきます。

記事の最後に「アルバイト家庭教師の方が向いている子ども」についても触れますので、最後までお読みいただければ幸いです。

 

アルバイト家庭教師の本業は大学生

まずはアルバイト家庭教師とはなんなのか、ということです。

彼(彼女)らは、基本的に現役の大学生であることが多いです。
もしくは大学院生や、社会人として働いていて副業として家庭教師を行なっている人もいます。

ここでは「アルバイト家庭教師は大学生である」として話を進めていきます。

 

子どもと近い存在なのがアルバイト家庭教師の大きなメリット

アルバイト家庭教師が大学生ということで、考えられる大きなメリットは1つ。

それは「生徒と近い存在だ」ということでしょう。

近い存在というのは、例えば年齢。
年齢が近いということは、持っている感覚・感性も近いものが多く、指導するにあたり親近感を得られる場合が多々あります。

また、リアルな学生事情を聴くこともできますよね。
さらに、その家庭教師がもし自分が進学を希望している大学の現役大学生だった場合、より詳しい学校の内容について質問できるまたと無い機会になるでしょう。

それに、実際の大学入試からそれほど時間も経っていない場合がありますから、受験生時代の体験談や苦労話、単なる知識ではない実体験を伴う受験対策などについても聴けるかもしれません。

もう1つ大事なのが反抗期の子どもへの対応。
小学生高学年くらいから中学生、高校生となると反抗期真っただ中の場合もあると思います。

この頃は親の言うことは全然届かない時期でもありますが、歳の近い存在(先輩)の言葉なら聴き入れるということもあります。

少し歳の離れたお兄さん、お姉さんであるアルバイト家庭教師の言うことなら受け入れてくれるかもしれませんね。

これらのことから、アルバイト家庭教師と子どもは相性が良いことも多くなります。
家庭教師の成果は相性がかなり大きく左右しますので、結果的にプロに頼むよりも成績が上がることもあります。

 

アルバイト家庭教師のデメリットも知っておこう

ただし、やはりプロ家庭教師には無いデメリットもあります。

まずは指導力不足。

アルバイトなのでどうしても経験値が不足しがちです。

頭の良さと指導するのが上手なのかは別のこと。
家庭教師はコミュニケーションが大事な仕事ですから、頭の良さだけが重要ではないということです。
それよりも、今までいろんなタイプの人と接してきた経験が重要ですね。

また、指導日が固定できないのもデメリットです。

学生が本分なので、例えば大学の試験期間中や重要な講義が何日も続いた場合、または留学などで長期不在となる場合もあり得ます。

こうした期間中は予定通りのスケジュールで指導を受けることができなくなることも。
留学などの場合はアルバイト家庭教師が辞めてしまうこともあり得ます。

もちろんこの場合は別の担当教師へ引き継ぐことになりますが、また関係を作るところからスタートするので大変かもしれません。

こうした部分がアルバイト家庭教師のデメリットとして考えられます。

 

リアルな体験談が知りたい場合はアルバイト家庭教師が向いている

以上のことから、アルバイト家庭教師による指導が向いているのは「よりリアルな体験談が知りたい」という場合でしょう。

目線を生徒と同じものとし、受験の時の緊張感や大学生活のあれこれを知りたいという、体験に基づく今の情報を知りたいのならアルバイト家庭教師を頼んでみるのも良いかもしれません。

また、もし自分の志望校やより上位の憧れている大学に通う家庭教師から指導を受けられるのなら、さらに良い影響を受けられる可能性もありますね。

性格的に、「上(プロ)からの指導より近い(アルバイト)人から教わりたい」という子どもならアルバイト家庭教師がおすすめです。

アルバイト家庭教師は生徒と近い属性を持っている

アルバイト家庭教師をうまく使って学習のモチベーションを上げよう

この記事ではアルバイト家庭教師についての良し悪しと、向いている子どものタイプについて解説してきました。

アルバイト家庭教師の多くは大学生で、本文は学業です。
そのため指導のスケジュールが合わなくなったりすることがデメリットとなります。

しかし、子どもと年齢が近かったり属性が近いものを持っている場合が多いので、打ち解けやすく、それが勉強へのモチベーションアップの効果につながるかもしれません。

基本的にプロ家庭教師より価格面では低くなっていますので、気になる場合はアルバイト家庭教師から頼むのも良いかもしれませんね。

  • プロ家庭教師のみが在籍している家庭教師会社
  • プロもアルバイトも在籍している家庭教師会社

それぞれ特徴がありますので、まずはお気軽に弊社までお尋ねくだされば幸いです。

関連記事:「プロとアルバイト?家庭教師の違いについて解説しました!」
関連記事:「【より高いレベルへ!】プロ家庭教師のメリットと指導に向いている子どもの特徴」

月間アーカイブ

相談は何度でも無料です!

ご相談は無料ですので、学習のお悩み相談だけでもお気軽にお問い合わせください。
不明な点など、私たちがしっかりとサポートいたします。

0120-575-888