Blog

ブログ

眠気覚ましにカフェインって、子どもでも大丈夫?【結論:おすすめしません】

2022.5.26 眠気覚ましにカフェインって、子どもでも大丈夫?【結論:おすすめしません】

コーヒーなどに含まれる成分の「カフェイン」ですが、これには眠気を覚ます効果があるとされています。

大人であれば「眠たくなってきたし、ちょっとコーヒーでも飲んでスッキリするか」とカフェインの含有を気にせず摂取していると思いますが、これって子どもでも大丈夫なのでしょうか。

この記事は「子どもがカフェインを摂っても大丈夫か?」ということについて書いています。

勉強中に眠たくなったときにカフェインを摂ろうか(子どもに摂らせようか)どうか迷っているのなら、ぜひお読みください。

 

子どもにはカフェインはおすすめしない

結論から言うと、子どもにはカフェイン摂取をおすすめしません。

まずカフェインの効果についてですが、主に次のようなものが挙げられます。

  • 眠気覚まし(覚醒作用)
  • 基礎代謝を促進
  • 胃酸の分泌を促進
  • 利尿作用

これらの中で本記事では「眠気覚まし(覚醒作用)」に焦点を当てて解説していきます。

 

体が小さいほど影響を受けやすい

当たり前ですが、大人に比べ子どもは体が小さいです。
高校生くらいになると成人と遜色ない体格になってきますが、それでも個人差があります。

実は体が小さい人ほど、カフェインの影響を受けやすいのです。
理由は、外見のサイズは内臓のサイズにも関係し、肝臓や腎臓などで異物(この場合のカフェイン)を分解するための力が弱いからです。

ですので、基本的に小学生のあいだはカフェインを取らない方がいいですし、中学生以上でも体が小さい場合はあまりおすすめしません。

また、まれに同学年の子より体格の大きな子どももいますが、体が「カフェイン慣れ」していない以上、あまり積極的に摂取するのは控えた方がいいでしょう。

 

日本ではカフェイン摂取の制限は特に決まっていない

実はカフェインの摂取を制限する法律やルールというのは特にありません。

厚生労働省のHPにカフェインについての記載はありますが、そこにも「妊婦に対しコーヒーは1日3〜4杯までを推奨」という内容です。
子どもへの内容ではないという意味です。)

参考:厚生労働省「カフェインの過剰摂取に注意しましょう」

同サイト内には2010年に、カナダ保健省からカフェインについて注意喚起がされていることが以下のように記載されています。

  • 少量のカフェイン摂取はほとんどのカナダ人にとって懸念はない
  • 健康な成人は最大400mg/日(コーヒー約3杯まで)とする
  • 妊婦や授乳中の女性は300mg/日(コーヒー約2杯まで)とする
  • 子どもはカフェインに対する感受性が高いため、4〜6歳は45ml、7〜9歳は62.5ml、10〜12歳は85ml(缶コーラ1〜2本相当まで)とする
  • 13歳以上は2.5mg/kg体重まで(体重50kgとしたら125ml程度)とする

カナダのことが例になっていますが、日本においてもこれらの数字は参考になると思います。

ちなみに、コーヒー1杯のカフェイン目安は100mlで60mg程度です。

 

カフェインの入った飲食物はコーヒーだけではない

カフェインの含有というとコーヒーがよく知られていますが、実は他の飲食物にも含まれています。
先ほどのカナダ保健省の例にはコーラが参考として書かれていましたね。

他にも、紅茶、緑茶、チョコレートなどは普段から摂取する機会が多いのではないでしょうか。
それと、栄養ドリンク、エナジードリンク、眠気覚まし用のドリンクなどは特に含有量が多いとされています。

全部避けることは難しいですし、あまり気にしすぎるのもストレスになります。
「コーヒーだけを避けていればカフェインを取らずに済むわけではない」ということを覚えておくくらいがいいですね。

子どもにカフェインはおすすめしません

子どもはできるだけカフェインを摂取しないようにしよう

この記事では、「子どもでもカフェインを摂って大丈夫なのかどうか」について解説してきました。

結論は、子どもはできるだけカフェインを摂取しない方が良いという事になります。

もし眠気を覚ましたいという理由でカフェインを摂るのであれば、「そもそも眠たくならないように気をつける」のを意識するようにしてください。

  • 普段からしっかり睡眠や休養をとること
  • どうしても眠たい時は短時間の仮眠をすること
  • 食べ過ぎや食事内容によって眠くなるのに気をつけること

などの対策をしましょう。

本記事がカフェイン摂取について悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

関連記事:「糖質を摂ると眠くなる?食後に眠くならない対策について解説
関連記事:「食べたら寝る?食後に眠たくなるのは脳の酸素不足が原因」

月間アーカイブ

相談は何度でも無料です!

ご相談は無料ですので、学習のお悩み相談だけでもお気軽にお問い合わせください。
不明な点など、私たちがしっかりとサポートいたします。

0120-575-888