Blog

ブログ

【保護者目線】子どもに家庭教師をつけたくなる5つの理由

2022.2.16 【保護者目線】子どもに家庭教師をつけたくなる5つの理由

子どもの成績を伸ばしたいと考えた時に、塾に行かせたり家庭教師をつけることを検討すると思います。

この記事では、保護者目線で「子どもに家庭教師をつけたくなる理由」について考えられるケースを5つ挙げてみました。

本記事の内容に共感いただける保護者様は多いと思います。
ぜひ続きをお読みください。

 

自分の子どもに家庭教師をつけたくなる5つの理由

この記事で解説する「子どもに家庭教師をつけたくなる理由」は以下の5つです。

  • 子どもに学習の習慣(意欲)がない
  • スケジュール管理をしてほしい
  • 成績が上がらない(下がってきた)
  • メンタルのサポートをしてほしい
  • 不登校になっている

それぞれ思い当たることがあるのではないでしょうか。

1つずつ解説していきますね。

 

1、子どもに学習の習慣(意欲)がない

「子ども自身で学習する習慣がない」というのはよくあることです。

学校の授業ではそれなりに頑張っているものの、特に家に帰ってきてからの時間は全く勉強しようとしない。
テレビを見たりマンガを読んだりスマホを触っていたり・・・
これらの勉強以外の時間に気を取られ、自宅での学習習慣がない子どもは多いものです。

宿題をやっているならまだしも、それもやらずに次の授業の際に提出できなかったり、授業前に慌てて済ませているようだと良くないですよね。

勉強する理由がわからないために学習の意欲がわかず、学校以外での学習習慣をつけられないのです。
こうした状況の改善のために家庭教師にみてもらいたい。
これは理由の1つになるでしょう。

 

2、スケジュール管理をしてほしい

学習の習慣はある程度あるものの、スケジュールがいつも間に合わないという子どもにも、家庭教師はピッタリです。

スケジュールを立てていてもうまく実行できない場合というのは、内容の詰め込みすぎか、集中力が続かずだらけてしまっているかのどちらかが多いです。

そこを家庭教師(と、家庭教師専センター)の力を使って、子どもに合ったスケジュールを組み、実行できるようにしていきます。

受験対策や定期テスト対策など、それぞれのタイミングに間に合う形で成績をアップさせたいと思っているはず。
そのためのスケジュール管理ですので、家庭教師をうまく利用して結果を出せるようにしていきましょう。

 

3、成績が上がらない(下がってきた)

学校や塾で勉強しているはずなのに、思うように成績が上がらない。
こうしたケースも家庭教師をつけたくなる理由になるでしょう。

実際、成績アップを期待してすでに塾通いをしているご家庭や、学校でしっかり勉強していても成果が出ないご家庭からの問い合わせが多いのです。

また、成績が「上がらない」のではなく、「下がってきた」場合にも、家庭教師による個別指導をしたいと考えることが多いでしょう。

今のやり方の何がいけないのか、どう改善すべきなのかを、プロの目線で指導してくれます。

 

4、メンタルのサポートをしてほしい

勉強していても成績が上がらない場合や、受験を前にして模試の判定が良くなかった場合など、「頑張っているのに結果が出ない」というときは落ち込むものです。

こうした時に悩みに寄り添い、応援してくれる存在は心強いもの。
家庭教師はその立場になれる存在です。

もちろん応援するだけではなく、苦手科目や不得意分野を伸ばしたり、受験への的確なアドバイスをしてくれます。
「何ができていて、何が良くなかったのか」を教えてくれることで、確実に結果は改善されるでしょう。

こうして自信を取り戻すことが、成績アップや入試の結果に繋がってくるものです。

自信を無くして落ち込んでしまっているとき、不安なときは、家庭教師を頼ってみてください。

 

5、不登校になっている

もしお子様が不登校になっていた場合、すでに学校の勉強についていくのが難しくなっているかもしれません。
しかし不登校である以上、学校に行って勉強することはできませんし、塾に通わせることも難しいと思います。

こうした子どもへは家庭教師をつけるのがおすすめです。

学校での授業は受けられなくても、家の中でしっかりと学習することができます。
また勉強面以外でも、何が原因で不登校になってしまったのかなどのメンタル面のケアになる場合もあります。

家庭教師の多くは不登校の子どもを見てきた経験や実績があります。
万が一相性が合わなかった場合、家庭教師の交代も可能ですし、対面指導が難しければオンライン指導を取り入れている家庭教師も多いです。

特に受験等を考えているわけでなくても、自分の子どもに普通に学校を卒業し、将来困らないための一般的な学力を身につけておいてほしい。
そう考えている保護者様は、家庭教師をつけてみることをおすすめします。

悩みを抱える女子中学生

子どもの状況に合わせて家庭教師の無料体験を受けましょう

この記事では「子どもに家庭教師をつけたくなる理由」として保護者目線で考えた5つの理由を解説いたしました。

  • 子どもに学習の習慣(意欲)がない
  • スケジュール管理をしてほしい
  • 成績が上がらない(下がってきた)
  • メンタルのサポートをしてほしい
  • 不登校になっている

子どもがこれらの状況になっている場合、自力で解決するのはかなり難しいと言えます。
(大人に置き換えて考えても難しいです)

この場合、気合や努力に頼った自力での改善よりも、家庭教師に依頼して一緒に良くしてく方が簡単で効果的。
子どもの状況が目に見えて改善されていくのがわかるでしょう。

気になっているようであれば、家庭教師センター各社が行なっている無料体験を一度受けてみることをおすすめします。
その上で、子どもに合っているかどうかを判断してみてはいかがでしょうか。

ご相談は弊社までお気軽にお尋ねください。

参考記事:「良い家庭教師を選ぶときは4つのポイントを意識しよう
参考記事:「学習塾と家庭教師の違いを保護者目線でも考える

月間アーカイブ

相談は何度でも無料です!

ご相談は無料ですので、学習のお悩み相談だけでもお気軽にお問い合わせください。
不明な点など、私たちがしっかりとサポートいたします。

0120-575-888